常に最新の情報を

地震は常にどこかで起きている

CARTOの同期テーブル機能を利用すれば、更新され続けるテーブルデータを参照し、常に最新の情報を地図として表現できます。この例は、米国USGSの地震データテーブルと同期し、常に新しい地震情報を表示するようにした例です。