データセットへ接続

CartoDBにご自身のデータをインポートするにはいくつかの方法があります。どの方法もシンプルです。次のオプションから自分の状況にあった方法を選んで下さい

  1. ローカルファイルのアップロードまたは、公になっているURLからの直接のインポート
  2. Google Driveに同期
  3. Dropboxに同期
  4. ツイッターから直接インポート
  5. 空のデータセット作成

最も一般的なの方法は、ローカルファイルのアップロードまたは、公になっているURLからの直接データを引っ張ってくることです。ファイルをアップロードするには、ダッシュボードのデータセットのページを表示させ、「NEW DATASET」(新規データセット)をクリックします。

2015-06-03_16-27-20

自動的に表示される次のウィザード画面で、「SELECT A FILE」(ファイルを選択)ボタンをクリックし、アップロードしたいファイルを選びます。別の方法として、URLをテキストボックスに入力してCartoDBにデータをアップロードする方法もあります。有料のアカウントでは、データへ同期するオプションも用意されています。DropboxやGoogle Driveからも直接データをインポートすることができます。

2015-06-03_16-31-02

手入力またはプログラムによりデータをゼロから作りたいのであれば、デフォルトの列とインデックスが予め挿入してある空のテーブルを利用します。

CartoDBは、ツイッターのAPIデータへの直接アクセスでツイートをマッピングできます。そのために、以下の機能が使えます。

  1. 高品質のデータを保証するためソースへ直接接続-サードパーティーが提供する方法を使う必要がありません
  2. 検索語またはハッシュタグによる検索
  3. 指定した期間またはリアルタイムでツイートの分析

ツイッターデータをビジュアライゼーションで使うには、アップロード画面のツイッターアイコンを選択します。すると、ある期間内で探したいデータを検索するよう聞かれます。利用できるツイッタークレジット数は自動的にアップデートされますし、クレジットはいつでも追加することができます。

この他にもインポート先のオプションがあります。

  1. ArcGISオンライン
  2. Salesforce
  3. Mailchimp
  4. Instagram

これらのオプションを見るためには、「Connect dataset」ウィザードの矢印アイコンを押して下さい。