サポートフォーマット

CartoDBがサポートするデータタイプとファイルフォーマットとの数は増え続けています。

データをCartoDBにインポートする前に、ファイルを圧縮して下さい。現在、ZIPとGZ(TAR.GZ及びTGZ)を圧縮形式としてサポートしています。一旦ファイルをアップロードすると自動的にファイルを解凍し、サポートされているファイルフォーマットのテーブルとしてインポートします。もしインポートしたファイルが、CartoDBがサポートする以外のものであれば、インポートはできません。

  • .csv .tab* カンマ区切りテキスト、タブ区切りテキスト
  • .shp** ESRIシェープファイル
  • .kml .kmz Google Earthフォーマット
  • .xls .xlsx*** エクセルスプレッドシート
  • .geojson GeoJSON
  • .gpx GPS eXchange Format
  • .osm .obz2 オープンストリートマップ
  • .ods オープンドキュメントスプレッドシート

* CartoDBでは、カンマ区切りテキストを推奨します。また、複数のシートからなるデータ形式では、最初のシートだけがインポートされます。これらのデータでは、最初の行が列のヘッダーになっている必要があります。

** シェープファイルは、.shp、.dbf、 .shx、 .prj、の各ファイルを.zip形式で圧縮してアップロードする必要があります。これらのシェープファイルを構成する各ファイルの拡張子の前にくる名前はすべて同じである必要があります

例えば、ne_10m_populated_places.zipファイルならば、ne_10m_populated_places.shp、ne_10m_populated_places.dbf、ne_10m_populated_places.shx、ne_10m_populated_places.prj、の各ファイルをzipふぁいるが含んでいる必要があります。

*** .xlsと.xlsx形式は、.csv形式のインポートよりも時間がかかるかもしれません。CartoDBにインポートする際は.csv形式に保存しなすことを強く推奨します。