エクセルデータのインポート

2015-10-03_22-37-57

緯度経度を含むエクセルのテーブルデータをCartoDBにインポートするのは簡単です。例えば、マンホールの調査をした際に集めたデータを、上の図のように、エクセルで保存します。保存するファイル形式は、エクセルの標準ファイルフォーマット.xlsxを選んで下さい(エクセル2010で動作を確認)。ファイルをインポートするには、保存したファイルを、CartoDBのアカウントを開いた状態のブラウザに、ドラッグアンドドロップします。

2015-10-03_22-44-02

しばらくすると、エクセルファイルが自動的にデータセットとしてインポートされ、緯度経度の列情報を元に、地図も自動的に作成されます。

2015-10-03_22-48-07